Archive for 2月, 2015

総量規制対象外のキャッシングをする際のメリット

火曜日, 2月 24th, 2015

キャッシングを利用する前に覚えておきたいのが、銀行から借入を行う場合と消費者金融や信販系の業者から借入を行う場合の違いです。
この二つの何が大きく異なるのかというと、後者の消費者金融や信販系は貸金業法により総量規制の制約を受けますが、前者の銀行系は貸金業法の制約を受けないので、総量規制の対象外という点です。

そもそも総量規制とはどんなものかというと、これは消費者金融などでは利用者に年収の3分の1までしか貸付を行えないというものです。

つまり、銀行のような総量規制対象外のキャッシングのメリットは年収の3分の1以上の融資を受けられるという事が大きいと言えます。

例えば、年収300万円の場合、消費者金融などでは総量規制の制約を受けて最高でも300万円の融資しか受ける事は出来ません。
これは、ひとつの業者からではなく全ての借入額の合計が100万円までという事です。

また、正社員ではない派遣社員やパート、またアルバイトの学生など元々の給与が少ないケースでは、かなり少ない額の融資しか受けられないという事になります。

しかし、総量規制対象外のキャッシングでは上記の方々でも年収の3分の1以上の借入が可能なので、まとまったお金が必要な時には、どちらの方がメリットがあるのかは、一目瞭然でしょう。

また、総量規制対象外のキャッシングのメリットは、それだけに留まりません。
例えば、収入のない専業主婦のように全く自分の収入がない場合でも条件が満たされていれば、キャッシングを利用出来るという事です。

自分に収入のない専業主婦では、例え借りたい金額が冠婚葬祭の僅かな金額だとしても総量規制の対象である貸金業者から融資を受けることは出来ません。
ですから、専業主婦でもキャッシングが利用出来るという事は非常に大きいメリットなのです。

こうした上記にあげた点が、総量規制の制約を受けないキャッシングを利用する場合のメリットでありますから、この点をふまえキャッシングを利用する前にどちらの選択をするかよく考える必要があります。